原田製茶は、日本の棚田百選に認定された鬼木棚田(長崎県東彼杵郡波佐見町鬼木郷)にあります。
一年中途絶えることのない湧き水と、冷涼で一日の寒暖の差が激しい鬼木独特の地形が、おいしいお茶を育んでくれます。
日本へのお茶の伝来は、1191年に長崎県平戸島と今に伝わっており、長崎県は日本一古いお茶の産地です。広域では嬉野茶(うれしの茶)とも言われ、彼杵茶(そのぎ茶)や波佐見茶(はさみ茶)とも現在呼ばれています。

原田製茶のオリジナルブランド「鬼木みどり」を是非一度ご賞味ください。
パッケージも「鬼木みどり」の他に「心茶」「縁茶」「福茶」「笑茶」と趣向を凝らしてお届けいたします。

What's New

02
2月

明日は立春。

今日は節分、明日は立春 ポツポツとすいせんの花が咲きはじめ少しずつですが春の気配を感じてきました。 お茶摘みといえば八十八夜。明日の立春から数えて八十八夜のこと。 ことしも美味しいお茶ができますように。
24
1月

記録的な大雪

今年の冬は暖かく雪なんて降らないと思ってたら。。 こんなに雪が積もるのは生まれて初めて。 私がちょうど生まれる昭和43年にもっとすごい大雪があったそうです。 今日は第61回目の波佐見一周駅伝大会。初めての中止でした。
22
1月

波佐見町の魅力をYouTubeで!

「波佐見町は永遠の輝き」 町の魅力をPRしようと制作されたPRムービー。 鬼木棚田をはじめ波佐見町のいろいろなところがコミカルなストーリーとともに紹介されています。 出演者、監督はもちろん地元の方々ですよ。 YouTub ...
19
1月

雪の棚田

今年、初の積雪。朝7時頃に降り出した雪がみるみる積もりました。 鬼木は雪が積もってても波佐見の街中は全くと言っていいほど積もってません。今日は今冬一番の寒さです。  
17
12月

ふるさと割は、2016年1月31日まで

ふるさと割は、いよいよ 2016年1月31日までです お急ぎください ふるさと割の販売サイトは、こちらをクリックしてください。