原田製茶は、日本の棚田百選に認定された鬼木棚田(長崎県東彼杵郡波佐見町鬼木郷)にあります。
一年中途絶えることのない湧き水と、冷涼で一日の寒暖の差が激しい鬼木独特の地形が、おいしいお茶を育んでくれます。
日本へのお茶の伝来は、1191年に長崎県平戸島と今に伝わっており、長崎県は日本一古いお茶の産地です。広域では嬉野茶(うれしの茶)とも言われ、彼杵茶(そのぎ茶)や波佐見茶(はさみ茶)とも現在呼ばれています。

原田製茶のオリジナルブランド「鬼木みどり」を是非一度ご賞味ください。
パッケージも「鬼木みどり」の他に「心茶」「縁茶」「福茶」「笑茶」と趣向を凝らしてお届けいたします。

What's New

15
7月

「mitte(ミッテ)」に掲載されました。

JAながさき県央の情報誌「mitte(ミッテ)」 Vol.7に掲載していただきました。 日本の棚田百選に選ばれている「鬼木棚田」がある茶畑で、品質の良いおいしいお茶作りに日々励んでいます。
30
6月

長崎玉緑茶 新茶試飲販売イベント出店

先日お知らせしておりました、長崎県庁舎1階エントランスホールにて新茶PRイベントに出店致しました。沢山の方にご来場いただき有難うございました。 長崎県内の各産地の新茶の飲み比べはいかがでしたでしょうか?お好みのお茶があり ...
18
6月

長崎県庁で新茶の試飲販売会

皆さん、今年の新茶飲みましたか。私達お茶の生産者や長崎のお茶屋さんと一緒に長崎玉緑茶の新茶PRを長崎県庁舎1階のエントランスホールにて行います。試飲や販売も行います。 県庁お近くの方、この機会にぜひご来場ください。 長崎 ...
15
6月

二番茶 お茶摘み終わりました。

6月3日から始まった2番茶も無事終わりました。 2番茶は1番茶後43日頃で摘むのが適期と言われています。今年は45日程での茶摘みでした。
02
6月

田植え始まってます。

鬼木棚田は田植えの最盛期。